« 避難所のペットのために:ALIVE茨城より | トップページ | 被災動物関連ニュース(2011.3.22) »

ALIVE福島からお知らせとお願い

この度は多大なご心配をお掛けしております。
多くの会員の方から、事務局にお問い合わせを頂いたり、励ましのお手紙を
頂いており、大変ありがたく心より感謝を申し上げます。

宅配業がマヒしていることから、グッズやパネル発送ができず、事務局をはじめ
皆様にご迷惑をお掛けしております。

私共の自宅は難を逃れ、一緒に活動しているメンバーも無事ですが、自宅が
損壊する被害を受けた人もいます。
また原発の放射線拡散地域のため、県外に逃れた方もおられます。

福島県内はどこも原発からの避難者でいっぱいの状況で、把握した限りでは動物
を連れている人もちらほらいるようですが、置いて来ている人もいるとみられます。

会員の方からの情報では、避難区域の双葉町から避難所に連れてこられた犬
3匹が、今日19日、町ぐるみでさいたまスーパーアリーナに移動することになり、
バスでの移動のため犬を連れて行くことができませんでしたが、幸い他県の愛護
団体さんが保護を申し出てくださいました。

今はガソリン不足で避難所を回ることもできませんが、状況が許せば少しでも
避難所を回ったり、残されている動物たちの状況を把握していきたいと思っています。

今後ともご支援、ご協力のほどどうかよろしくお願い申し上げます。
   

|

« 避難所のペットのために:ALIVE茨城より | トップページ | 被災動物関連ニュース(2011.3.22) »