« 災害時の動物救護対策(2) | トップページ | 節電・節水しましょう »

被災地の動物行政、愛護団体の状況について

被災地域の動物行政や動物の状況、および犬や猫の保護活動をしている
動物愛護団体の状況についてお知らせします。
テレビ等でも報道されておりますように、各県では道路が通じていなかったり、
何よりもガソリン等の燃料が不足しているために、人の移動も物資の輸送も
非常に難しい状態となっています。

福島県には動物愛護センターがなく、犬猫の保護収容は各保健所が対応して
いますが、現在は放射線の測定に追われ、とても手が回らない状態とのことです。
宮城県では、県の動物愛護センターにはほとんど被害がなかったので、
今後はここが救護活動の拠点となるとのことですが、現在電話は通じません。
一方、仙台市の動物管理センターは大きな被害を受け機能していないようです。
岩手県には動物愛護センターがありませんので、中心となって活動できる拠点
がないようです。

各地で活動していた動物愛護団体の方々も被災しています。
以下の団体の方々には、今後物流等が復旧しましたら、どうかご支援くだるよう
お願いいたします。

アニマルクラブ(岩手県石巻市)
http://a-c.sub.jp/index2.html
※大きな打撃を受けた石巻ですが、幸い代表の阿部さんは無事で動物たち80匹?
と避難されているとのことです。

動物いのちの会いわて(岩手県盛岡市)
http://www.inochinokai.com/
※HPによると、3/11現在仮保護施設の動物達、施設共に被害はなかったとのこと。
被災し保護された犬猫へのフード・折りたたみケージ等を募集しています。

アニマルピース(宮城県仙台市)
http://www.anip.biz/
※代表の菅原さんと動物たちには被害はありませんでしたが、一時預かりをして
下さっている各地域の方々とは未だ連絡がつかないところが多いとのことです。

いわき「犬猫を捨てない」会(福島県いわき市)
http://www.geocities.jp/inuneko_sutenai/

また詳しいことがわかりましたら順次お知らせいたします。

|

« 災害時の動物救護対策(2) | トップページ | 節電・節水しましょう »