« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の記事

NHK「サイエンスZERO」に意見提出


NHKが7月20日に放送した「サイエンスZERO」という番組で、
「ドラキュラ伝説」というキャッチフレーズとともに、
老いたマウスと若いマウスを手術でつなぎ合わせて老いたマウスを
若返らせるという動物実験(東京大学)が紹介されました。


番組は以下のサイトから有料(108円)で視聴することができます。

NHKオンデマンド
「サイエンスZERO 老化の謎に迫る~見えてきた!カギをにぎる細胞~」


当会はこれに対して、概要、以下のような意見と要望をNHKに提出しました。


・上記の動物実験は、本来のマウスの生を著しく歪めるものであり、
 安易に生命を弄んでいるという印象を与える。このような動物実験を
 無批判に紹介することに懸念と違和感を覚える。

・このような動物実験を取り上げる際には、動物実験に批判的な
 社会の声を 代弁する者の意見もあわせて紹介すること。

・動物実験の成果だけでなく、動物実験の問題点、諸外国の法規制や
 国際基準、 動物福祉や3R原則(代替法、数の削減、苦痛の軽減)等を
 取り上げた番組も制作、 放映すること。


みなさまからも感想や意見を届けていただければ幸いです。

意見提出先:
NHKふれあいセンター(入力フォーム、FAX、郵送での提出が可能です)



提出意見全文は以下のページに掲載しております。

------------------------------------------------------------
NHK「サイエンスZERO」に意見提出
------------------------------------------------------------

|

動物実験、情報公開進まず 8割が使用匹数掲載なし

当会が作成した「文部科学省が所管する機関の動物実験に関する
情報公開度調査」資料集が共同通信の配信記事で取り上げられました。


---------------------------------------------------
動物実験、情報公開進まず 8割が使用匹数掲載なし
---------------------------------------------------


動物実験の情報公開は、科学研究への動物の使用が適切に
行われているかどうかを市民が監視するために欠かせない制度です。


また、情報公開は、文部科学省や厚生労働省の動物実験基本指針で
「すること」とされていますが、これらの基本指針は動物実験の自主管理の
基盤と位置付けられています。


指針制定から8年経っても情報公開が進まない現状(企業の情報公開は更に
遅れています)は、まさに自主管理が機能していないことを示す例と言えるでしょう。


これを機会に、大学や文部科学省へ情報公開の促進を訴えましょう。
また、環境省や文部科学省、国会議員等へ動物実験の(自主管理ではなく)
法規制の必要性を訴えましょう。


資料集の紹介ページはこちら。

----------------------------------------------------------
ALIVE資料集 No.35
文部科学省が所管する機関の動物実験に関する情報公開度調査
----------------------------------------------------------


ご購入を希望される方は、当会ウェブサイトからご注文いただくか、もしくは、
郵便振替用紙に「動物実験に関する情報公開度調査 購入希望」とご記入のうえ、
1,200円(うち、送料200円)をお振込みくださいますようお願いいたします。

-------------------------------------------------------
ALIVE Online Shop(アライブ オンライン ショップ)
-------------------------------------------------------


以下もご参照ください。

--------------------------------------------------------------
文部科学省へ「動物実験の情報公開に関する要望書」を提出
--------------------------------------------------------------

|

会報「ALIVE」 111号の要約紹介ページを更新



会報「ALIVE」110号より会報記事内容の要約を紹介する

ウェブページを設けましたが、7月1日発刊の111号の要約紹介
ページを更新いたしました。


-------------------------------------------------------
会報「ALIVE」 111号の概要と要約
-------------------------------------------------------


また、バックナンバー(要約の掲載は110号以降のみ)は
以下のページよりご覧いただけます。


-------------------------------------------------------
定期刊行物「ALIVE」 最新号の紹介
-------------------------------------------------------


当会の活動を広く知っていただき、また、活動への呼びかけや
情報提供をより多くの方々に行うことで活動が活発になり、
普及啓発の一助になればと思っております。


FacebookやTwitter等のSNSへの掲載を含め、
周囲の方々へご紹介いただけましたら幸いです。


|

千葉県動物愛護条例制定を求める署名3万3千名分を千葉県副知事へ提出

千葉県にはこれまで、動物愛護に関する条例がなく、
当会は以前より千葉県に日本一の条例が制定されるよう、
署名活動等の取り組みを行ってきました。


-----------------------------------------------------------
「千葉県に日本一の動物保護条例を!」
-----------------------------------------------------------

当会は全国から集まったこれらの署名3万3千名分を
7月1日に諸橋省明千葉県副知事へ提出いたしました。


当日の様子は千葉テレビさんと千葉日報さんに取材いただき、
それぞれ7月1日の夜のニュース(NEWSチバ)、
7月9日の記事で取り上げていただきました。


千葉日報さんの記事は『「動物実験、届け出を」 地球生物会議が提言』という
タイトルの一面カラー記事で、大きく取り上げていただきました。


タイトルと記事の出だしは、千葉日報さんのウェブサイトで読むことができます。
(全文を読むには有料会員登録が必要)

----------------------------------------------------------
「動物実験、届け出を」 愛護条例目指す千葉県に 地球生物会議が提言
----------------------------------------------------------


先日ご案内したパブリックコメントは終了しましたが、
千葉県が条例案をまとめるまでまだ時間があると思われます。
ぜひ引き続き千葉県へ声をお寄せください。


千葉県の連絡先や骨子案は以下を参照してください。

--------------------------------------------------------
「千葉県動物愛護管理条例(仮称)」骨子案に関する意見募集について
--------------------------------------------------------


当会が提出した意見は以下を参照してください。

------------------------------------------
千葉県動物愛護管理条例(仮称)骨子案に対する意見
------------------------------------------


また、本件をとりあげていただいた千葉テレビさんと千葉日報さんへ、
御礼や感想のメールを出していただけますと幸いです。


千葉テレビ ご意見・お問い合わせフォーム

千葉日報社 お問い合わせ一覧


|

« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »