カテゴリー「分野別-動物実験」の記事

文部科学省へ意見を! ~ 4/12文部科学省へ要望書を提出 動物性集合胚規制緩和問題 ~

現在、文部科学省が、ヒトの細胞を混ぜ合わせた動物胚(注)(動物の胚にiPS細胞など人の細胞を注入したもの=動物性集合胚と呼ばれる)の規制緩和を検討しています。生まれてくる動物はヒトの細胞が動物の全身に混じり合ったものとなり、意図しない生物が生み出される可能性があります。特にiPSなどの多能性幹細胞から人の脳細胞が生じ、例えば動物が人の思考を持ってしまうことなどが懸念されています(内閣府の議論では、『ブタと話せるという、それこそお伽の世界のようなことができるほうがいいのかもしれない』(議事録よりそのまま)などという委員の意見も出ています)。現在は文部科学省の指針(特定胚の取扱いに関する指針)で、動物個体を生み出すことなどは禁止されていますが、動物個体の作成まで認めるなどの規制緩和案が検討されています(既に内閣府ではその方向を容認する見解が出ています)。

規制緩和が目指す目的の一つは、ヒト移植用の臓器を動物、特にブタの体内で作成しようというもので、そのために、動物(ブタ)の体内でできる臓器を丸ごと人の細胞で置き換えてしまおうというものです。規制が緩和されれば、多くの動物たちが生命を改変され、健康上のリスクを負って生まれ、臓器を採取されたり薬物を投与されたりして、殺されることになります。

文部科学省は近く、総合的な検討のとりまとめを行い、指針改正案のパブリックコメントを行うとしています。ぜひ皆さんからも当会の要望書(以下)を参考にして、今のうちに文部科学省へ意見を届けてください。


〇意見提出先
文部科学省研究振興局ライフサイエンス課生命倫理・安全対策室
(郵便)〒100-8959 東京都千代田区霞が関三丁目2番2号
(E-mail)ethics@mext.go.jp

(注)胚:受精卵が細胞分裂で胎児になる過程のごく初期の段階の個体

※本件についてさらに詳しい解説は、以下の記事をご覧ください。

|

臓器工場、異種移植、異種間キメラ動物・・・生命操作はどこまで許されるか?~ 動物性集合胚の規制緩和を問う ~

ALIVE会報119号の記事(一部修正)、「臓器工場、異種移植、異種間キメラ動物・・生命操作はどこまで許されるか? ~動物性集合胚の規制緩和を問う~」をHPに掲載しましたので、ご覧ください。

|

アニマルハッピー!連続講座第3回報告 ~ 動物実験の実像と課題 ~

2016年11月20日に行われた人と動物の幸せプロジェクト主催「アニマルハッピー!連続講座― 第3回」の講演内容の概要をご紹介します。当日のプレゼン資料と合わせてご覧ください。

アニマルハッピー!連続講座第3回報告 ~動物実験の実像と課題~

「アニマルハッピー!連続講座 ― 第3回 教えて!動物実験?ペット問題?」(2016年11月20日開催) プレゼン資料「動物実験の実像と課題」 (PDF/3,103KB)

|

ヒトと動物の関係学会でポスター発表を行いました

このたび、ヒトと動物の関係学会第23回学術大会(2017年3月4日~5日、東京)にてポスター発表を行いました。(演題:動物実験に関する情報公開の現状調査(文部科学省所管機関)―動物実験の情報公開に求められるものとは?―)

資料を掲載しましたのでご覧ください。

ヒトと動物の関係学会でポスター発表を行いました

|

アニマルハッピー!連続講座 第3回 (2016.11.20)プレゼン資料を掲載

11月20日に開催された、「アニマルハッピー!連続講座 ― 第3回 教えて!動物実験?ペット問題?」のプレゼン資料「動物実験の実像と課題」を掲載しましたのでご覧ください。

(PDF/3,103KB)

※参照
アニマルハッピー!連続講座(全4回) ― 第3回 教えて!動物実験?ペット問題?」 
http://alive-net.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-8908.html

|

薬事申請の動物実験に関する署名を公開しました

Change.orgで薬事申請の動物実験に関する署名を作成しました。


薬事申請における動物実験(安全性試験など)は最も動物の苦痛が大きい分野の1つです。

一定数集まったら、大臣と厚生労働省、PMDA(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)へ提出します。

みなさまのご協力をお願いいたします。


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

↓ ↓ 署名サイト ↓ ↓

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =


|

動物実験の情報公開に関する署名を公開しました

Change.orgで動物実験の情報公開に関する署名を作成しました。


情報公開は市民主体の健全な民主主義社会をつくるために不可欠です。

一定数集まったら、大臣と文部科学省へ提出します。

みなさまのご協力をお願いいたします。


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

↓ ↓ 署名サイト ↓ ↓

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =


|

動物愛護法改正へ向けての交流集会(2016.4.21)プレゼン資料を掲載

4月21日に開催された、「動物愛護法改正へ向けての交流集会」のプレゼン資料「自主規制の問題点と法規制の必要性」を掲載しましたのでご覧ください。


※参照
平成28年4月21日院内交流会ご案内チラシ

|

文部科学省が所管する機関の動物実験に関する情報公開度 追跡調査報告

2013年に当会が行った動物実験に関する情報公開度調査について、これまでに追跡調査を行ってきた結果を掲載しましたのでご覧ください。


文部科学省が所管する機関の動物実験に関する情報公開度 追跡調査報告


上記で名前を挙げた機関は、動物実験に関する何らかの情報がわずかでも公開されている機関を除いた後に残った(問題のある)機関で、上記の他にも、

・動物実験に関する規程のみを公開している機関
・大学全体ではなく、一部の部局のみしか公開していない機関
・動物実験の実績(計画書件数、実験動物使用数、飼養保管数等)や動物実験委員会の実績(教育訓練や委員会開催、議事録等)を一切公開していない機関
・ホームページで公開せず、年報などの印刷物のみで公開している機関

などが多くあり、決してこれ以外の機関に問題がないわけではありません。

また、根本的な問題として、市民の一番の関心事であると考えられる、①何のために、②どんな実験を、③どれだけの動物を使って、④どれほどの苦痛を与えたか がほとんど公開されていないという問題もあります。

これらの背景には、情報公開を定めている関係省庁(文部科学省や環境省)の告示(指針、基準)に強制力がないこと、公開すべき内容(項目)が(例示はされているが)特定されていないこと、公開方法(ホームページ、印刷物など)も決められていないこと などがあります。

これらの機関を所管する文部科学省に対して、
①情報公開に問題のある機関に対して科学研究費等の補助金の交付を行わないこと、②公開すべき内容(項目)を特定すること、③情報公開の方法はインターネットを原則とすること、④情報公開を法律で義務付けること などを訴えていきましょう。


※本件の経緯に関しては以下をご参照ください。

文科省所管機関の情報公開度調査(動物実験)

ALIVE資料集 No.35 文部科学省が所管する機関の動物実験に関する情報公開度調査

文部科学省へ「動物実験の情報公開に関する要望書」を提出

|

北里大学獣医学部における動物実験の管理状況について

2014年12月に起きた北里大学獣医学部における牛の無麻酔放血殺に関連して、北里大学獣医学部に対して、現在の動物実験の管理状況、実験動物福祉への取り組み状況について質問を行いました。当会の質問書と北里大学の回答書を掲載しましたのでご覧ください。


北里大学獣医学部における動物実験の管理状況について


当会の質問事項に関連して、動物実験委員会委員の名簿、実験計画書審査、実験動物使用数、教育訓練の実績などが公開され、2014年12月の事案(牛の無麻酔放血殺)との関連では、「中大動物を用いた研究の場合は、実験計画書に記載された安楽殺処分のプロトコールが実行されているかを委員会が確認した(105件)。」(自己点検・評価報告書より)、動物福祉に関する相談窓口へ寄せられた相談件数は「11件」(回答書より)であったとされています。

情報を公開することは、内外に対して機関の現状やスタンス、ポリシーを明らかにすることで、緊張感が生まれ、不正行為や不適切な行為の防止につながり、該当機関にとっても社会にとってもメリットになると考えられます。

今回の件を契機に、大学側の動物福祉向上への一層の努力に期待するとともに、引き続き北里大学および他の大学での動物実験の管理状況、実験動物福祉への取り組み状況について関心を払っていただくようお願いいたします。


※本件に関する経緯は以下をご参照ください。

北里大学獣医学部における牛の無麻酔放血殺

|

より以前の記事一覧